09 «  2017 / 10  » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
基本的には備忘録です。
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
 2010/02/13 Sat 22:08:37  E d i t
スポンサーサイト
ビジネス |  -- trackback  |  -- comment  
 2010/02/08 Mon 22:39:39  E d i t
http://usuke-k.tumblr.com/post/289832196
「まず相手の言い分をじっくり聞く。そして、相手が言ってはならない言葉を言ったとき、その言葉尻を捕らえ一気に畳み込んでいくのだよ。」
ビジネス |  -- trackback  |  0 comment  
 2010/01/31 Sun 16:04:31  E d i t
http://news4vip.livedoor.biz/archives/51474123.html
最近、国民性とか考えることが多いな。
年のせいだろうか。。


161 バール(三重県) 2010/01/31(日) 09:06:54.84 ID:x2ci5nRf

宅配レンタルというシステムもかなり笑える


166 オープナー(東京都) 2010/01/31(日) 09:07:31.91 ID:IGH4IAfl

>>161
発展途上国の考え方だよなwインフラあるだけに一層キチガイじみてる


iPadで拡大する日米の情報格差 日本の出版業界は音楽業界の失敗を繰り返そうとしているようだ
1 手錠(東京都) 2010/01/31(日) 08:15:15.45 ID:JbwMQI03 ?PLT(12000) ポイント特典

話題を呼んでいたアップルのタブレット端末iPadが27日、発表された。ほぼ予想どおりで、iPhoneを4倍に拡大したような感じだ。ソフトウェアもiPhone用アプリケーションがすべて動くので、日本でもソフトバンクが対応するだろう。問題は端末ではなく、iPadで読める本が日本にほとんどないことだ。
アメリカの出版社は、アマゾンの電子端末「キンドル」による配信を積極的に進めており、昨年はAmazon.comでの電子書籍の販売部数が紙の書籍を上回った。iPadにもNYタイムズ、マグロウヒル、サイモン&シュースターなど大手の新聞・出版社がコンテンツを提供する予定だ。ところが日本では、キンドルも端末(英語版)は発売されたが、本は(一部のマンガを除いて)読めない。アマゾンは日本の出版社と交渉しているといわれるが、難航しているようだ。

日本の出版業界は委託販売という特殊なシステムになっているため、取次が流通を支配している。
取次にさからって取り扱い部数が減らされると、中小出版社は苦境に陥るため、独自には動けないのだ。大手出版社は21社でアマゾンに対抗するグループを結成するが、彼らが配信システムをもっているわけではなく、既存の本との「共食い」を恐れて大胆な戦略は打ち出せない。このままでは、日米の情報格差は致命的に開いてしまう。

インターネットは、既存のアナログ的ビジネスモデルを破壊する。音楽業界は「著作権」を盾にとってインターネットを拒否した結果、業界の外からやってきたアップルにネット配信のビジネスを奪われてしまった。
アメリカの出版社はその教訓に学んで、電子出版をチャンスとして生かそうとしているが、
日本の出版業界は音楽業界の失敗を繰り返そうとしているようだ。愚者は経験に学び、
賢者は歴史に学ぶということわざがあるが、経験にも学ぶことのできない者を何と呼べばいいのだろうか。

http://newsweekjapan.jp/column/ikeda/2010/01/ipad-2.php







5 和紙(アラバマ州) 2010/01/31(日) 08:18:55.63 ID:PN0QUQqK

アナログ時代と共に沈んだ日本


22 手枷(アラバマ州) 2010/01/31(日) 08:24:56.84 ID:76KFdgGj

しかしデジタル革命以降の日本の崩壊ぶりが世界で突出して際立ってるなw


7 ロープ(長屋) 2010/01/31(日) 08:20:12.93 ID:PPBa+/2X

抵抗するしか能がない
外圧に突き上げられないと何も動けない
失敗を恐れて結果全てを失う


ビジネス |  -- trackback  |  0 comment  
 2010/01/30 Sat 23:00:39  E d i t
http://d.hatena.ne.jp/LM-7/20100130/1264821653
ああ、あの違和感あったレポートへの突っ込みですか。
よく読んでないけど、突っ込みの方が信頼できそう。
リサーチ会社って結論を作るために無理やりデータと理屈を用意するので
差し引いて考えるようにしてます。
ビジネス |  -- trackback  |  0 comment  
 2009/12/23 Wed 13:47:29  E d i t
ビジネス |  -- trackback  |  0 comment  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。